子育ての不安とインターネットの話

数日前インターネットの海の中で、こんな話を見た。
「子供のイヤイヤ期に参っていたとき、保育士さんに『お子さんから信頼されてる証拠ですよ』と言ってもらってすごく救われた」

うん。いい話だ。いい話なんだけどインターネットに書いてはいけない。
なぜかっていうと、イヤイヤ期がまだ来ていない子の親やイヤイヤ期が無かった子の親を傷つけるから。
もちろん一対一で言うのはいい。素晴らしいことだ。平たく言えば、方便とはそういうものだ。

たとえば私はイヤイヤ期(第一次反抗期)が遅かった。四歳に近かったはずだ。その話を私が母から聞いたのは中学生になってからで、あんたは何もかも鈍くさくってねと母は笑っていた(今思うとひどい誹謗中傷だ)。けれど、反抗期が来る前にその記事を読んでいたらどうだろうか? 三歳にもなったのにまだ反抗期が来ない、私は我が子に信用されていない! と恐慌状態に陥っていたのではないか。
まあ、うちは親も私のことを言えないほど鈍くさい人なので、うちの親に限ってはそうならなかったかもしれないが、色んな情報が日々目の前を流れ去っていくこの時代のインターネットでそれは良くない。
特にこういう記事は「イヤイヤ期」で検索すると出てきやすい。イヤイヤ期が来なくて不安になってる母親がこんな記事を見てしまったら追い打ちになる。

インターネット上での知識の共有は素晴らしいものだ。だが、これは良くない。たかがパンピーの個人ブログなのでそこまで責任を持てとはもちろん言えないが、良くない。
たぶん自分と似たような状況で苦しんでいる人に「救われた言葉」をシェアしたかっただけなのだろうが……

子供の発育には違いがあります。体についてもそう、心についてもそう。歩き始めるのが遅い子も、イヤイヤ期が遅い子も、それはそういうもの。私はどっちも遅かったけど。
あんたは人より鈍くさいけど、ゆっくりでも成長はしてる。人より遅くなったっていつかできるようになる。うちの母はしょっちゅうそんな風に言いました。「できない」「できていない」と言われることはほとんどありませんでした。「今はまだできない」「ちょっとずつうまくなっている」という言い方をします。人よりも遅いけど、人よりもまだ下手だけど、それだけだから。
まあ度を超えてのんびり(極めて婉曲な表現)した人間に育ったことは確かですけど、「できない」と「まだできない」は明確に違うものです。

何の話だっけ。そう、インターネットも良し悪しだねって話です。
鵜呑みにしちゃだめですよ。発信の敷居が下がれば下がるほど、情報を受け取る側は気をつけないといけなくなります。うっかりしていると傷ついちゃう。
統計に意味が無いとは言わない、先人の知恵だってそれは尊いものですけど、眼の前にいる我が子は世界に一人だけの存在です。速度は人それぞれ。その時の水準で(私は先天性疾患を持っていたので周りと比べれば相対的にあんまり元気ではなかった)元気なら良し。優先すべきは目の前の子供であり、それを育てる親自身であり、平均値じゃありません。

あーあとついでにもう一個。知人が「私には親の適性が無いんじゃないか」みたいな悩み方をしていたので書く。そういう風に悩んでいる事自体が十分に親の適性だと思うよ、私は。
子供の性格が千差万別であるのと同じように、親の性格も千差万別だ。虐待しているわけでもないのに、それ以上「こうあるべき」なんてもんは存在しない。形はどうあれ、責任感こそが親の愛そのものだと思うわけだ、個人的には。それは真摯さでもいいし、悩むことでもいいし、とにかく稼ぐことでも、暗い顔をしないことでも、なんでもいい。親であろうとする限りあなたは親だよ。

って書くと、言葉というのは難しいもので、毒親持ちを傷つけそうだなとも思う。
ときどき、子供を所有物として扱う親がいる。そういうのもまあ「親面」の一種ではあるわけで……。それは越権だからね。
愛と札を貼られたものだって、受け取るかどうかは受け取る側の自由だ。暴力はもちろん受け取らなくていい。
受け取られなかった手紙が送り主のところに返るしかないように、怒りというのもまた受け取られなければ送り主のところに返るしかないのだ。

悪し様に言われがちな二分の一成人式も、感謝の手紙を読むとかそういうのを抜きにすればいいものだと思うんだよね。大人の半分の権利と責任を持っている、という自覚を促すためには。
選挙権や納税義務を教え始めるきっかけとしてもちょうどいいだろうし。

SAWⅣ〜ザ・ファイナルを見た

SAWⅣは以前途中まで見ていたので途中から。

まず第一の問題なんですけど、ストラムとホフマンの見分けがつきません。相貌失認とまでいかないんですけど人の顔を覚えるのが苦手すぎる……。その上時系列まで入れ替わるので大混乱です。ゲーム参加者はわりとわかるんですけど、スーツ男性二名を見分けろってなるとどうにも困る……。
あとマシューズ。よく生きてたね? Ⅲの回想時点で死んだと思っていたので驚きました。生きとったんかワレ。っていうかあなた一回ゲームに負けてるのに……。
マシューズの頭は砕け、アートが撃ち殺され、リッグもまあ順当に行けば死ぬんでしょう。あのまま。
ストラム生還についてはよくそんな正確に穴開けたなってのが真っ先に来る感想。

SAWⅤ。面白かったのにメインゲームの影が薄く感じられたのはストラムとホフマンがえらい出張ってたからですかね。っていうかメインゲームあんまり話に関係なかったのでは?
メインゲームの四つめを見ながら、いやあ半分も血を失ったら流石に死ぬよねと思いました。失血致死量じゃん。どっちかを犠牲にして進むしか無いのでは?と思ったんだけど、なんとかなりましたね。なんとかなったんでしょうか。知らんけど。

ストラムはホフマンを追い詰めたつもりで、結局圧死しました。どういう仕組み? とかつい考えますが無視します。いやホフマン自分それどうやってそこから出るん? とも思いましたけど、Ⅵの冒頭で普通に出てきましたね。内側からは簡単に開く仕掛けってどんなんだろう。扉を完全にはめ込んじゃって外からは掴めないとかそんなんだろうか(地味)

Ⅵのホフマンは良くなかったね。実に良くなかった。結局快楽殺人犯じゃん自分。なーんにも学んじゃいない。アマンダもそうだったけどさ。

アマンダといえば、ジルの件。アマンダがセシルを唆して強盗をやらせるのが割と本気でわからない。ヤク中から足を洗えていなくて薬を盗みに行ったのか? と思ったんですけど、今ggったら「ジルへの嫉妬では」って出てきてやっぱり首をひねっている。
でもなーSAW3のときのジョンへの態度を見るとなー。ジルを死なせるのが目的ならまだわかるんですよ。ただ盗むだけ。ジルを消そうとしないなら、目的はジョンではなくジルの方にあるはずなんですよね。何だろう。釈然としない。人の感情の機微は苦手です。

あとⅥからⅢへの、ジョン側の時系列がよくわかってないな。
ジル流産→ガン宣告→医療保険を断られる→ゲーム開始、ってのはわかりますけど、自殺未遂の位置がわからない。あとⅥで言ってた治療は結局どこでやったんだろう。あれがうまく行かなくて絶望して自殺未遂? ガン宣告→自殺未遂→治療法発見→保険屋?
お金はあるって言ってたから治療は受けたんじゃないかと思うのだけど、まあどちらにせよ天国から地獄ではあっただろうな。Ⅲ時点で致命的にはなっていたのだし。

Ⅵのメインゲームのラスト。あれが正直よくわからない。ゲームじゃないじゃん?
ジョンのゲームは「生きたければ代償を払え」に一貫していたのだけど、母子は死ぬわけじゃないし。DIEを選んだら全員死亡、ALIVEを選んだら全員生還。もしくは自分たちが死んでも相手を許せるか? っていう形式じゃないとどうもゲーム感がない。Ⅲの判事のゲームが似た感じではあったけど、あれも息子の思い出の品を燃やせっていう代償はあったしな。

ナイフの件。えっあれ毎回手作業だったの? ってのが個人の感想。焼きごて的なものでじゅっとやってるのかと思ってた。器用か。

で、さっきも言ったⅥのホフマン。あれは非常に良くない。あの男、復讐の件は取り敢えず置いとくとしても保身で殺人やっちゃだめでしょ。
まあもちろん既に余命宣告を受けていたジョンと同じことをやれっていうのは無理なんだけどさ。「どうせ死ぬ」っていうのは最強の武器だもの。死にたくないと思えばああいう行動は取れない。Ⅱとか。ジョンは結局諦念の上に立って他人を見下していたのだと思うわけです。俺は死ぬのにお前らは命を粗末にする、それが許せないっていう、あれ八つ当たりですよね? 死に瀕する自分だけが命の重みを知っているっていう種類の傲慢では?

閑話休題、ザ・ファイナル。なーんでそんなわざわざ虎の尾を踏む真似をしてみるのか。でも金を儲ける人っていうのはある程度の危険を犯すのだろうね。危険手当こそ最上の儲け話なのかも。最良かはともかく。

字幕で見ているわけですが、岐路って言葉に「クロスロード」が当てられているのね。もともとクロスのロードだからそれはそれで普通の言葉なんだけど、個人的にはクロスロード作戦を思い出すなあ。長門と酒匂が沈んだアレ。水爆実験。まあ別に関係ないのですけど。何の岐路だったんだろうあの作戦。

SAWザ・ファイナルのラスト、ファラリスの雄牛、あれもなあ……ジョンは基本ゲーム参加者以外は死なせてなかったんだけど。無印とか2のマシューズの息子とかさ。ゲームオーバーとは言ってもあんたゲームしてないじゃんよという不服。

ゴードン先生の出番短かったな……。これ冒頭で出さなくてよかったのでは……。

電話の話

電話が嫌いなので電話の悪口を書く。

まず手が塞がる。メモが取れない。撫で肩とは不便なもので、特に最近の小さい携帯電話は無理だ、片手を目一杯上げないと耳元に電話機を挟めない。手だけ空いたってそれでは意味がない。気絶した西川君のポーズになる。イヤホンマイクというものも存在はしているが、特に会社の電話においてそれは使えない。

次に、音が悪い。電話越しのガビガビした音声はほんとうに嫌なものだ。声も近すぎ、大きすぎる。これは私の能力あるいは特性上の問題かもしれないが、音声処理に普段の倍近くの負荷がかかる。口元も見えない。音の大きさに気を取られて処理が落ちる。ADD気味だって自覚はあるけど聴覚過敏なんだろうか?

顔が見えるからと言ってSkype通話がいいかと言えばそれも良くはない。画面共有はいいものだ。確実に同じものを見ながら会話ができる。でもお互いの顔を映したまま「資料を見てください」とかやる連中は頭に何が詰まってるんだと思う。海苔の佃煮とかさもなくば梅びしおでも詰まっているんだろうか。

あと機密性がない。口から音を垂れ流しにする。あれが本当に良くない。文章ならセキュアな場でのやりとりも可能なのに、なぜわざわざ機密を口頭で話さにゃならんのか。いやまあわかるよ、物証が残らないのはセキュアな気がするでしょうさ。でもさ。逆に言えばエビデンスが残らないってことでもあるからね。

そう、エビデンスが残らないのもよくない。お互いの言ったことが曖昧になる。上司に報告したことが真逆になって別の上司に伝えられていることがある。馬鹿なのか。でも録音していなかった私も馬鹿だ。

あとこれは会社の電話ピンポイントの話なんだけど、他人が耳と頬に付けたものを自分の顔面に付けるのが無理。順序が逆でも無理。

そもそも文章なら校閲もできるし、Slackとかなら後から書き換えもできる。誤字脱字の修正ができる。電話では同音異義語の区別がつかない。
まあこのあたり、変えると換えると代えると替えるの区別もつかないような人は掃いて捨てるほどいるので救いにはならない。てにをははおろか句読点すらまともに使えない社会人もやっぱり掃いて捨てるほどいるので嫌になる。

文章が下手な人ほど電話したがるのは、あれは「汲み取ってくれ」って種類の甘えでしょう。自分の時間は最小限に抑えるけど相手の時間は平気で取っていくっていう。その自覚がないのか。頭にマッシュポテトでも詰まってんのか。