殺戮にいたる病/我孫子武丸

読みました。現在、激しく落ち込んでいます。この作品を単なるサイコ・ホラーと思って読んでしまったことについて。もう結末を知らない状態では読み返せません。ああなんて勿体無いことを。

本作は「殺人犯」「我が子が殺人犯ではないかと疑う母親」「知り合いを殺され、その妹と一緒に犯人を探す元刑事」の三つの視点から交互に描かれます。
序盤からまず圧倒される、この「母親」のおぞましさ。我が子の部屋に入り、抽斗はおろかゴミ箱まで漁る母親。ホラーです。私は殺人犯当人よりよほど怖いと思った。無理。この人と一緒に暮らすのは無理。
しかしまあ、世の中で見かける育児論もなぜああ「性欲」に偏って過剰なのでしょうね。性欲って、特筆するほど大袈裟なもんじゃないと思うんですけど。

作中でゲインたん(私の好きな性的倒錯者の一人、墓を荒らして母に似た女性を探していた孤独な子)に触れられていたのでちょっとテンションが上りました。エド・ゲインとジェフリー・ダーマーは好きです。
たぶん作者も念頭に置いたと思うんですが、このエド・ゲインという人、毒母育ちなのですよね。性はいけないもの、女は汚らわしいもの、我が子に父の死を願わせ、子の交友関係を制限し、我が子を絶対的な支配のもとに置いた人。
作中で殺人犯が女性から切り取り持ち帰った膣でマスターベーションしているとき、私はこのエド・ゲインという人を思い出しました。彼の方はマスターベーションしていたかどうかまで書かれてませんけど、切り取った膣で自らの男性器を包み〜っていうのは似通った行動ですね。

元警察官の方については特筆すべきことがあまりない。ちょいちょい迂闊なだけの普通の人。
作中で一番好きだったのは竹田教授です。

以下、あまりにも悔しいのでせめて同人小説家として少しでもこの作品を吸収するために作品内に張り巡らされたミスリードを挙げます。
ばりばりのネタバレですので未読の方は読まないでください。オチを知ってから読むなんて最低なので、興味がおありならば是非、是非何も知らずこの本を読んでいただきたい。

“殺戮にいたる病/我孫子武丸” の続きを読む