てるやのちんすこう

 明日発売のはずの本のフラゲ情報がツイッターのTLにズンドコ流れてきて羨ましくなってamazonで予約注文しているにもかかわらず本屋さんに行ってみたら目当ての本どころかラノベコーナーすら無くてがっかりして帰る道すがら、ちんすこうやさんを見つけました。
ちんすこう? 宮城で? こんなお店あった? あったら気付くよねこんな珍しいもの? と思いながら入って店主さんに訊いてみると、おとといオープンだったとのこと。なるほど知らないはずだ。

 ショーケースに入ったちんすこうはお土産でよく見る楕円形ではなく、スノーパフやまころん(※ローカル菓子)(マカロンではない)のような半円形。味はプレーン・シナモン・ココア・抹茶・紫芋のいつつ。
お店の中はまだ新しい木の香り。入って左手にかまどがあり、奥にはカフェスペースらしきもの。フラワースタンドで塞がれていたので後日入れるようになるのかもしれません(訊いてくればよかった)。
 全味八つ入りのバラエティパックてきなもの(¥500)があったのでそれを購入。


左:仙台まころん、右:てるやのちんすこう

 わざわざ比較のためにまころんを買ってきました。

プレーンはキビ糖の素朴な甘さ。ココアはココアパウダーの苦味と香りがきちんと効いています。香ばしくてほろ苦くて、でもクッキーとは違う口溶け。牛乳に合いそうです。
抹茶も香りが強くてなめらかでおいしい。とてもいい香り。紫芋は少し塩が入っていてこれは緑茶向き。ぴりっと引き締まっておいしい。沖縄塩とかなんかあるんでしたっけ、あの少し変わった味。
シナモンはシナモンの香り。キビ糖の甘さがよく合います。これはきっと砂糖なしのロイヤルミルクティーがおいしい。

奥のカフェスペースらしきものが気になるので一、二週間くらい経ったらまた行ってみましょう〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です