日記 2017年10月1日

行ってきましたスピッツ30周年記念ツアー、最終日!
シャトルバスのチケットを取って友人と待ち合わせ、のつもりが、「着いたよー」と友人に連絡したら「もう乗ってる」との返答があり、割とバラバラに現地へ。

私「そういえば君はそういうやつだったよ」
友「忘れてたの?」
私「忘れてた……」

現地に着いたのがおよそ二時過ぎ。グッズ購入列が長くなかったのでサクッとTシャツとタオルを買い、トイレ待機列も長くなかったのでサクッと着替え。しばらく会場周辺を散歩して、五時半からライブ。
あと付箋も買っちゃったんですけど、もったいなくて使える気がしません。どうしよう。

さすがに三時間分のセットリストは覚えられなかったので割愛。「ちょっと前の曲」という前フリで夢追い虫だったのは笑ったwつぐみよりは前の曲かなーと思ってたけど2001年の曲ですよそれ……。
就活時代を支えられた曲だったので当時のトラウマが蘇りちょっと泣きそうになりました。当時はひたすら聞いてたなあ、あの曲。夢追い虫の「夢で見たあの場所に立つ日まで」と君は太陽の「理想の世界じゃないけど、大丈夫そうなんで」には何回となく支えられてきました。今も大好きです。

正夢が流れている時、ピンク(だと思うけど白かもしれない、ライトがピンクだったのでそう見えただけかも)の紙吹雪が舞ってきたのすてきだったー。
拾える位置にまでは飛んでこなかったので残念。

今日のステージは後ろにモニターがあって、演奏しているメンバーの姿が大写しで見えました。モニターは大きいのがひとつではなく小さいのが複数あって、カメラも動くのでいろんなところがばらばらに写ります。歌っているマサムネさんの喉仏が大写しになったときにはなんだか狼狽えてしまった。えっちだ。
あと三輪さんはあれです、サングラス部分がモニタの間で隠れちゃうと金髪美女に見えます(視力が足りていない)。ギターソロで手元が写ったの嬉しかったなー。
田村さんは動き回っているので撮るのが大変そうだなとか、撮ってるからちょっと動くの我慢してるのかなとかはらはら。ライブ中見失う確率が一番高いですリーダー。
それから崎山さん!自分が映る場所を一箇所だけ先に知ってるとのことで、MCでいじられてましたけど、その後!カメラ目線!笑顔!!今年一番きゅんと来てしまった。危うくガチ恋勢になるところだった。

今回のライブはソロが多かった!気がする!普段のライブでもあるけど。田村さんのベースソロかっこよかったなあ……

インディーズ時代の曲もやってくれました、353号線のうた。インディーズだと晴れの日はプカプカプーとか、なんなら惑星S・E・Xのテーマでもやってくれないかナーとちょっと期待してましたがwスピッツのライブには珍しい、観客参加型での演奏。楽しかった。ぱーぱーぱぱーぱぱーぱー。

ロビンソンの演奏の前、スピッツの最盛期の曲みたいな説明がありましたけど、そう思ってる人とライブに来てる人は層として重ならないんじゃないかな。いつだって今が最高です。っていうか何千回も言ってるけど50歳になってなお涙がキラリ☆の高音が出るマサムネさんはおかしい……。
「僕が天使だったなら」の歌詞の部分で「あなたが天使じゃないなら何なんだ?!」と毎回思います。天使です。後光が差しています(物理)。

あんまり関係ないのだけど、会場に段差?が無く、全席パイプ椅子で、後ろの席の人が身長低い人だったのでやたら気を使ってしまったw腕なんか振り上げたら見えないかなーとか。あの段差って大事なのね。